キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 のぼりの効果的な並べ方は設置する間隔が大事 : のぼり知得ネット

のぼりの効果的な並べ方は設置する間隔が大事

のぼり知得ネットのメイン画像

のぼりはただ単に並べるだけではなく、効果的な並べ方があります。それは、一間という間隔を開けて並べることです。

のぼりの効果的な並べ方は設置する間隔が大事

のぼりはお店の宣伝などにたくさん使われています。

のぼりがあるのとないのとでは集客数もかなり違うと言われており、良い宣伝効果があるものとされています。

イベント開催時はのぼりやポスターで盛り上げましょう。

・参考サイト⇒http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170715_13014.html

【魔法の間隔がある】

のぼりはただ単に並べれば良いというものではありません。

ちょっとしたことでお客様の流れが全然違うようになると言われています。

のぼりを設置する間隔にも、「魔法の間隔」というものがあります。

のぼりの数は多ければ良いというものではなく、最も良い間隔が一間(180cm)です。

【移動中でもわかりやすい】

歩いている時はもちろんですが、車で移動している時ものぼりの内容を認識できるのが一間です。

この間隔というのは、日本人が昔から親しんできた尺貫法の単位なのです。

日本人になじむ間隔なのが一間なのです。

【設置する時は間隔を意識して】

お店の前や駐車場などにのぼりを並べることがあれば一間を意識してみてください。

あまりに間隔が狭いとお店そのものが見えなくなりますし、圧迫感を与えてしまいます。

最も効果的な間隔があることを覚えておき、のぼりを並べるようにしてください。

きっちり測る必要はありませんが、だいたい一間になるような間隔で並べると良いですよ。

近くから見ても、離れたところから見てものぼりの内容が視界に入るのがこの間隔です。

また、同系色ののぼりを並べてみたり、のぼりの内容が同じで色が違うものを並べるのも効果的です。

Copyright のぼり知得ネット. All Rights Reserved.